3月12日

震災の翌日。自転車でいわき市の平市街地をまわる。


いわき3/12

昭和を感じさせる建物の損壊が目立った。

いわき3/12

本屋さん。ぺちゃんこになってしまった。今はプレハブで営業中


3月15日

見上げると、黒い雲と白い雲、2色の雲が、層になって流れていた。

前日、3号機の爆発が伝えられた。

いわき3/15


その後、今まで経験したことのないものすごい突風がやってきた。

凪がまったくなく、間髪を入れず吹き続ける。


いわき3/15

午後からは店はすべて閉まってしまった。

風の音だけが、ゴウゴウと鳴っていた。


いわき3/15


橋を自転車で渡ろうとがんばったが、

とうとう漕いで渡る事が出来ず、自転車を曳いて歩いた。


いわき写真3/12


黒い雲が去った後、砂けむりのようなもやが遠くに立ち上っていた。

後に、15日の朝、いわき市では23.72μsVの空間放射線量が測定されていたことが分かる。