PRAY+LIFEの座談会からの流れや、東日本復興支援財団による子ども被災地支援法のためのワークショップなどを経て、いわき在住の有志とともに2013年1月から未来会議inいわき(http://iwakimiraikaigi.com)という対話の場が思考錯誤しながら始まりました。

 震災と原発事故後の様々な問題の噴出、状況や選択の違いや感覚相違による分断の発生、コミュニティーの混在など、複雑化している福島。この地域の未来に視点を移した時、多様な価値観は多様なままお互いの現状や気持ちを知ることや、緩やかな繋がりを持ちながら共に考える「場」を持つことが大切なのではないか。そのような思いから、カフェのように寛ぎながら話をするワークショップ形式の対話の場を、30年を見据えた継続した場として企画しています。

 また、福島の問題は福島だけの問題ではないとの観点から、未来会議は市内外・県内外問わず、どなたでも参加出来る対話の場となっています。地域もジャンルも世代も越えて顔を合わせ、様々な価値観に触れ、状況や課題を共有し、その中から生まれてくる気づきや発想をそれぞれが育みながら、未来へ向けて、今自ら何が出来るのかを考えます。一人ひとりが未来への息吹き。共にこれからの豊かさを模索していけたらと思っています。ご興味お持ちの方はお気軽にご参加下さい。

 その未来会議inいわきに参加した筑波大学の有志による、未来会議inいわきを軸とした、いわきに住まわれている方の声を取材するドキュメンタリー映画が制作されることになりました。震災後、急速に変わりゆく福島の「今」を記録し、映画として発信する企画「FUKUSHIMA VOICE」。これは、震災後発足した筑波大学の創造的復興支援プロジェクトの一環で制作されるもので、映画制作者の大澤一生さんや映画配給制作会社アップリンクのサポートの下、学生有志達が撮影・制作を手掛け、その後、国内/海外へと発信される予定です。

 偶然、PRAY+LIFEの「FUKUSHIMA VOICE」とも同じネーミングですが、主催の藤城がかつてアップリンクのデジタルムービーワークショップに参加した経験が、震災直後に記録を始める(当初は映像記録&WEB)気持ちの後押しともなったので、何かしら共通するものが流れているように思います。

 9/1(日)にその撮影を組み込んだ未来会議を開催します!ぜひこの機会に、みなさまの声を届けて下さい。参加者募集中です!

:::::::::::::::::::::::::::  概要詳細 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::

[9月1日(日)未来会議inいわき × FUKUSHIMA VOICE]

mirai0901_omo.jpg未来会議×映画。いわきの「今」を映像で記録し、発信します。
未来会議inいわきで発せられるひとりひとりの声と、集合体である大きな声を映像に描き出そうとする試みです。完成作品は国内はもとより、海外へも発信していきたいと考えています。ぜひ、あなたの声を届けてください。

[概要]
東北地方沿岸に未曾有の被害をおよぼした東日本大震災、そして福島原発事故。震災・事故直後はマスコミだけでなく、ネットでもおびただしい量の情報が溢れましたが、今では継続的な報道は減りつつあります。そのような中で発足した「FUKUSHIMA VOICE」は、大上段の「社会問題」ではなく、そこに生きる人々の声を記録し広く伝えようとするプロジェクトです。本プロジェクトでは、有志の筑波大生たちが、UPLINKと協同して、多くの映画制作に携わってきたプロデューサーたちと一緒にドキュメンタリー映画を制作し、国内外へ広く発信していきます。

FUKUSHIMA VOICE学生代表(津澤峻)よりメッセージ:
僕たちFUKUSHIMA VOICEのメンバーは「第4回未来会議inいわき」に参加しました。最初は、この会議に参加しても良いのか不安でした。より近い距離で被災している方々に比べ僕の被災経験は小さく、福島の人たちと話し合いが成立しないので はないかと感じていたからです。実際に参加してみると、地域も立場も年齢もバラバラで、ただ共通しているのは未来をどうしていくかみんなで考えていきたいという思いでした。誰もが震災の経験者であり、それぞれが自分の立ち位置でこれからを考えていく大事な一人だということ、そしてその個が集まることで色々な可能性が生まれるということを知りました。僕たちは、この未来会議という場と、一人一人の声を記録し発信することでより多くの人と問題を共有していけるのではないかと考えています。ご協力お願いします。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
【日時】2013年 9月1日(日)
【場所】いわき市文化センター大会議室 ( 中央公民館 いわき市平字堂根1-4 )
【流れ】13:00 〜 受付     
13:30 〜 17:30 未来会議     
18:30 〜 懇親会(夜の未来会議)
【参加費】500円(運営費・お茶菓子代など)※高校生以下無料
【ファシリテーター】:田坂 逸朗 氏
【お申し込み方法: 下記のいずれかよりお申し込み下さい】
1) facebookイベントページより"参加予定"をクリック
https://www.facebook.com/events/1396182743935344/
2) 未来会議ウェブサイトからお申し込み
http://iwakimiraikaigi.com/?page_id=61
3) 電話にてお申し込み → 0246-38-9120 (弁護士法人いわき法律事務所)受付時間 9:30-17:30
4) FAXにてお申し込み → 0246-38-9122 (弁護士法人いわき法律事務所)

【託児について】 ※託児のお申し込み締め切りは [ 8月14日18時 ] です。/ 対象:1歳〜小学校にあがる前のお子様 [先着10名] / 申し込み時に必要事項3点 [氏名・フリガナ・生年月日]をお伝え下さい。/保険自己負担加入をお願い致します。(保険料200円)
【当日の緊急連絡連絡先】  080-3708-8378(担当:松本)


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
【未来会議inいわき×FUKUSHIMA VOICE 主催】
いわき未来会議事務局×FUKUSHIMA VOICE
【協賛・後援】 公益財団法人東日本大震災復興支援財団 復興庁 いわき市 いわき明星大学  

※いわき未来会議事務局は、以下のメンバーを中心としてボランティアで活動しています。
○ 霜村 真康 [菩提院 副住職]
● 菅波 香織 [いわき法律事務所]
○ 藤城 光  [デザイナー/アーティスト] 
○ 松本 丈  [株式会社夜明け市場]